美恵子のブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://chiba.areablog.jp/mieko

キム・カーダシアン、オジー・オズボーン妻の「アバズレ」批判に反撃

 先日、「メタルの帝王」オジー・オズボーンの毒舌妻シャロンが『デイリー・テレグラフ』の取材に応じ、やたらと肌の露出を好み母親デビュー後もヌードを披露しているキム・カーダシアンを「アバズレ」と痛烈に批判。さらに「アバズレでも結構」「でも『あらゆることをフェミニズムの名において行っている』なんて言ってるじゃない? あんなの、女権拡張運動なんかじゃないわよ」とメッタ斬った。これにキムはかなり気分を害したもよう。米メディアの取材に「彼女は私の発言を間違えた形で使っているのよ、バカバカしいこと」と鼻で笑ってみせた。

 人気リアリティ番組で知られるキム・カーダシアンが「フェミニズム」という語を使うことを、シャロン・オズボーンは非常に不愉快に思っているもよう。先日は「彼女はアバズレよ」などと口にして、欧米メディアに大きく報道された。

 そんな中、今度はキムが『E!News』の取材に応じてこう語っている。

 「シャロンはこんな風に言っていたと思うわ。『キムはヌードを(SNSに)アップするけれど、フェミニズムの名において行っている』ってね。私、そんなことは一度も言っていないけど。」
「人のコメントを間違えて伝えてアレコレ言うなんて、バカバカしいわ。」

 そして産後ダイエットに大成功したキムは、ヌードをしばしば披露する本当の理由をこのように明かした。

 「(ヌードになった)自分の見た目が好きだからよ。自分のボディを誇りに思っているの。妊娠中に増えた体重をきちんと落したんだもの。ヌードを(SNS)にアップするのは、そうしたいから。そして自分のことをパワフルと思えるからよ。」
 
 ちなみにキムは確かに「フェミニズム」について語ったことがある。それは人気誌インタビューに応じた際のことで、キムはこのように述べていたのだ。

 「魂の中ではこう感じているの。私もフェミニストなんだって。でも私、自分の気持ちを実感するためにレッテルなんて不要なのよ。」

 シャロンはとにかく口が悪く、キムの夫カニエ・ウェストについては「天才どころか凡人」「外見も才能も平均的。だけど車のセールスマンに向いている」などと言ったこともある。しかし因果応報であろうか、彼女の夫オジー・オズボーンは、かつて元「オアシス」リアム・ギャラガーに「どいつもこいつも、なんであんな奴を褒めるのか。俺に言わせれば、忌々しい能無しだ」とボロカスに批判されていた。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11657784c.html
日記 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
大きな花を咲かせる薔薇の花々
自画像
黒人が白人に変身…
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ

前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<