美恵子のブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://chiba.areablog.jp/mieko

エラニーの冬 朝、日光の効果

  
  印象派の画家の中でも特に中心的存在であった巨匠カミーユ・ピサロ晩年期を代表する作品のひとつ『エラニーの冬 朝、日光の効果』。

  本作に描かれるのは、画家が晩年に移り住んだパリ郊外エラニー・シュル・エプトの牧場の冬の朝の風景で、このエラニー・シュル・エプトの風景は1890年代のピサロにとって最も主要な画題のひとつでもある。

  本作で寒々しい冬景色の中で輝くように朝陽の光を反射する雪の大胆ながら繊細な描写、薄桃色に色付く木々の枝や青色と黄色の折り重なる陰影の表現は特に秀逸の出来栄えを示しており、カミーユ・ピサロらしい単純で明確な構図の中に描き込まれた、この冬の朝の瞬間的な美の世界は、観る者に対して冬季独特の寒乾質な空気感や、その中で微かに感じる朝陽の温もりをも感じさせる。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11661100c.html
日記 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
ハリウッドスター
『名所江戸百景 大はしあたけの夕立』を模写したのであろうと推測されている
意味深げな表情を浮かべるタヒチ人の聖母マリア
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ

前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<