美恵子のブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://chiba.areablog.jp/mieko

手紙を読む青衣の女

前面の広がりを強調した室内描写も、観者と主人公たちを心理的に引き離す効果を与えている。さて、1660年代前半の女性単身像の作.uisに目を移そう。すでに《窓辺で手紙を読む女》に見られた女性単一像が、この時期に洗練された形で再び登場する。


《手紙を読む青衣の女》(fig.7)では、ブルーの上衣をつけた女性が、柔らかな日差しの中で一心に手紙を読ん交}る。ここでは・く窓辺で手紙を読む女)に見られた女性の自己閉塞的ともいえるようなやや硬質な時問は、簡素な室内構成や抑えられた色彩。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11549046c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ダビンチの新たな素描、フランスで発見 18億円相当の価値

  フランス・パリ(Paris)の競売会社タジャン(Tajan)は13日、ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の手になる新たなデッサンが見つかったと発表した。国内の地方在住の医師から持ち込まれた作品の裏に描かれていたもので、専門家が真正と認定した。1500万ユーロ(約18億円)相当の価値があるとみられ、タジャンは「並外れた発見」としている。

 デッサンでは聖セバスティアヌス(Saint Sebastian)が羽根ペンで官能的に描かれている。ダビンチが同性愛の嫌疑について放免となった後、20代後半から30代前半に描いた8作品の一つと考えられている。

 鑑定に当たった専門家の一人、パトリック・ドベゼール(Patrick de Bayser)氏はAFPの取材に、スケッチは、鑑定のためタジャンに送られてくる作品を通常の作業としてチェックしているときに偶然見つけたと語った。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11526306c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

この絵の成立がかなり後の時期であることを示唆している

例えば、画面右手の妙れ’場のIIIの馬に乗った若者の赤い鍔なし軒!と、jihIll央やや左寄りに位【}} Lている優雅な婦人の、黄色いドレスにアrいストールとし’った色の取り合わせである。


そして、この赤い鍔なし相に対しては、画面左端の立ち姿の群像の中の男が羽織っている赤いケープが、釣り合いを取っている。総じて濃さも明るさも増してきている色彩と共に、このように色彩を挿入する扱い方は、この絵の成立がかなり後の時期であることを示唆している。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11513981c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

本来の形式のまま保存されている訳ではない

年代的にこのミュンへンの連作に先行するのは、1660年の年記をもつマドリードのブラド美術館蔵のヴァージョン(収蔵品目録番号:1554)であるが、この場合は、元来64点あった都市の絵のうち和点カ戦っているだけで、中央画面も失われてしまっている。

なおその他にも、単独で制作されたか、あるいはまた、別のヴァージョンの残欠部とも考えられる、若干の単独の両面カ観存している。このウィーンにあるフエルディナント・ファン・ケッ七ル作のヴァージョンも、また本来の形式のまま保存されている訳ではない。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11500126c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

支柱喪失、「未知の領域」へ=タイ国王死去

 タイは「国王、宗教(仏教)、国家(民族)」を国是としてきた。70年にわたった在位中、国民から深く敬愛され絶大な人気を誇ってきたプミポン国王の死は、支柱の一つを失うことを意味し、歴史的転換点となる。国の将来に大きな影響を与えるのは必至で、「タイは未知の領域に突入する」(専門家)との声も上がる。

 プミポン国王は過去、国内で深刻な政治対立が起きた際には自ら乗り出し、強力な仲裁者として事態収拾を図ってきた。国民の国王への信頼感は絶大で、政情不安でたびたび危機が発生しても内戦などの致命的な分裂に至らなかったのは、国を一つにまとめる最後の歯止めとして、国王が果たしてきた役割が大きかった。

 そうした存在感はプミポン国王が長年かけて築き上げてきたもので、新国王がすぐに代わりを務めるのは困難だ。

 8月の国民投票で新憲法草案が承認されたのを受け、タイの政治は今後、長期にわたって軍の強い影響下に置かれる。このため、当面は大きな混乱が起きるとは考えにくい。

 ただ、地方の農民や都市部の貧困層を支持基盤とするタクシン元首相派と、軍や官僚などの保守派エリート、都市中間層を中心とする反タクシン派が対立する基本構図に変化はなく、政情混乱の火種はくすぶったままだ。

 タイ社会の分断状況が続く中、新国王がどういう役割を果たすことになるのか。プミポン国王時代とは異なる新たな王室像を模索していく必要に迫られそうだ。 


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11487799c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
今日 合計
ビュー 1 8109
コメント 0 8
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト