折しもはあなたの优しさに

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://chiba.areablog.jp/zenar

たどらの伝说

花が咲き、実は季节と無縁だろう。楊婉儀幼稚園多くの时は自分の生活を、迷いは见つからないの良い理由を考えない人は枝葉のこと。
路相変わらず道を、多少年過去、昔から遠くないが、もう少しもちいさく。そこで思いつい寻梦探しに行く、一种の久しぶりの気持ち、その桃の花も见か、あの笑い春風の記憶の中の颜はやさしくかどうか?
谁が引き止めあれらの花?次第に遠ざかっ淡い香りを揉むの無念だ。かどうかは、淡い雨の夜の思い出も、それの輝く緑の?私はやがてこの世の中で一番つまらない事、暇を见て花が咲き、徒留心。
故人はいつも、かつて援兵を望む水、大地は云を消す薬。その端からのグラスはこの物语にもあるべき道具だけは、谁が谁青杏煮酒、谁が谁に梅子雨寒く、谁が谁に衣带渐宽终不悔、谁が谁を血の滴相思うに投げ小豆なら、誰が誰柳春花ない完春満画阶ですか。
多くの美しいはいつも何気なく私からのかざしで滑り、いだき耳元でいつも耳の不断の丁零。できないときには、花が咲いて落ちるしんみり悲しい。たまには軽く歩いて依然として娑婆のすらりと、せっかく感じ「季节の容?あのなど、蓮の花のように咲いて落ち」の惨めに、いつか悲しみはその句「私は、帰って人は过客」の退廃。
风に尘西洋人が最善を尽くし、多くが乏振り返って。
多少人会见「东、楊婉儀幼稚園 拖數波の花集めれ長江掬い尽せ英雄」は、どれだけの人が「是非知って颜を、江山、几度振り向ける」。そこで、も止めないにも、歩いて放浪したいあの河に落ち、その円献金歩い千山鸟の飞ぶ、その十里歩いたドメインの西の莲の花の香りの江南(カンナム)。道中の食折々飲み、朝露の如く。去り一路のまくらの松の不眠孤月、雨の放浪、だけ起点终点ないように見える。时たま思い出すのは、涙に濡れた襟がどうの、壮ものめずらしくほどの?私は、今、どこい生活の退屈だ。
多くのことをあまりに相変わらず慌ただしく、プロポーズは今も得意さ、乗夏凉蔭で卧闲敞。人生の総の思惑もあるとき、離合慌ただしく飞いつも縁縁散時、かどが人生の得意那須歓を尽くす、烈しい彼明日今朝の間違いである。
総も軽く、すらりと莲步を持ち寄ったとき、総も悦己者容のとき、総も彼れに私は习惯の女子のウィンカー时、蔡加讚しかしも忘れて実は彼は习惯左の男子の时に、それでは痛いし、楽しみを见て花が咲きより、一人で寂しい如花火の时がいいでしょう。そんなに気にならなければならない自分の気になるときは、自分が何よりも楽しい。
手は花の下に端座し、次の花びら舞い、入唇で、掬その沁凉と、あの破れ香さは、どう化蝶復成繭をよじらせ?出会いが奇跡の世の中に奔走しない人はいない。⑴覚えた出会いたい水妖、それから避世、あくまで私の美しい梦があるだけで、それも法螺期待が美しい?


季节

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000237235/p11573427c.html
爱情 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
冬季泡溫泉要主意什麼
涼血類中藥的療效
留學生就業毋須工作經驗
<<新しい記事へ
このブログトップページへ
ブログイメージ
折しもはあなたの优しさに
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 3 777
コメント 0 3
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク