tongguのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://chiba.areablog.jp/tonggu123

喫煙をやめる

オン・オフで、著者は喫煙をやめるという当初の目的からエンターテイメントに進化しました。

第一に、バッテリーロッドが爆発するかどうかです。一般に、今我々は、バッテリーロッドの内部回路板とチップレギュレータの保護を過放電または短絡から電池を防ぐために、圧力調整棒を使用しています。

したがって、チップ品質の問題や製品の問題ではない場合、通常使用するバッテリーロッドは爆発しません。しかし、すべてが絶対的ではない、ちょうどiPhoneのバッテリー爆発があるかもしれないように。それは非常に小さな確率イベントであるとしか言えない。

第二に、高温下で煙が変質して有害物質を生成することです。これは、多くのユーザーが心配している問題でもありますが、高温で煙が変質するという明確な証拠はありません。

しかし、ベイプ初心者として、私はまだ高温と高出力の長い期間のために電子タバコの使用をお勧めしません。あなたが本当に新しいものを試したり、喫煙をやめるために使いたい場合、

したがって、電子タバコは確かにこの段階で検討できるオプションです。しかし、電子たばこを購入し使用するユーザーは、公共の場で積極的に喫煙しないように覚えておく必要があります。

人々の生活の質の段階的な改善により、人々は彼らの健康にもっと注意を払う。したがって、タバコ規制の強さは増加し続けており、喫煙禁止の使用にも制限されていません。タバコと同じ性質のタバコに含まれる有害な要素を含まない禁煙グッズ電子タバコが突然点灯します。

しかし、消費者は市場にある電子たばこ製品に関して異なる意見を持っている。電子タバコは詐欺的だと言う人もいますが、効果的ですぐに喫煙をやめることができる人もいます。

まず第一に、煙油に有害物質が含まれているかどうかについては、最初に煙油の組成を分析します。一般に、市場の燻製油のほとんどは、植物グリセリン、プロピレングリコール(またはグリセロール)、フレーバー(甘味料、喉用剤など)、色素、および希釈ニコチンからなる。

グリセリン、プロピレングリコール(またはグリセリン)、フレーバー(甘味料、喉スプレーなど)、および顔料はすべて食品添加物であり、通常電子タバコ爆煙アトマイザーは人体に有害ではありません。

電子タバコは煙ではありませんが、まだ煙やにおいが発生します。また、電子タバコは関係のない人にも影響します。さらに、電子たばこのユーザーにとっては、過剰な煙を避けて視界に影響を及ぼすために、電子タバコを車内で喫煙しないことが最善です。

さらに、電子タバコ小型はタバコに属していませんが、18歳未満の未成年者は試してはならないことが最も重要です。



千葉

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000267468/p11728640c.html
電子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
tongguイメージ
tongguの日記
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 16
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード