美恵子のブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://chiba.areablog.jp/mieko

印象派の先駆的画家

 しかしこれらの事件によってクロード・モネ、ドガ、ルノワール、シスレー、バジールなどシャルル・グレールの画塾で学んだ画家らと、ピサロ、セザンヌ、ギヨマンなどアカデミー・シュイスで絵画を学ぶ画家らによって形成される前衛的で伝統破壊的な若い画家集団≪バティニョール派(後の印象派)≫に先駆者と見なされ、慕われるようになる。

 またサロン画家アンリ・ファンタン=ラトゥールや文学者ゾラ、詩人ボードレール、女流画家ベルト・モリゾなどとも交友を重ねる。バティニョール派の画家が1874年からサロンに反発し開催した独自の展覧会(印象派展)への出品を画家も熱心に誘われるも、マネは「サロンこそ世間に問いかける場」との考えから出品を拒み続けた。なお都会に生まれた画家は洗練された趣味や思想、品の良い振る舞いを身に付けており、外出時は必ずシルクハットを被り正装したという逸話も残されている。 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11616376c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アルジャントゥイユの行楽地化を表す木陰の人々

 散歩道に差し込む筋となった陽光。戸外制作の大きな目的となる明瞭で自然的な陽の光の追求と、それによる絶妙な効果の表現は秀逸の出来栄えを示しており、特に散歩道に差し込む筋となった陽光の表現やセーヌ川に反射する光の描写は観る者の目を奪うばかりである。
 
 アルジャントゥイユの行楽地化を表す木陰の人々。画面中央より下部分の右側に本作の主画題となる散歩道が配されており、その最右側部分にはアルジャントゥイユの行楽地化を表すように婦人らが木陰で休息している。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11599455c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

S・ヨハンソン トランプ氏長女を「臆病者」と批判

 米女優スカーレット・ヨハンソン(32)が、ドナルド・トランプ米大統領の長女イヴァンカ・トランプさん(35)を公の場で批判した。

 最近、ホワイトハウスから「大統領のアシスタント」という正式な肩書きで任命を受けたイヴァンカさんは米CBSニュースのインタビューで、自分の影響力はホワイトハウスの裏側で発揮されると発言。

 「私が賛同しないすべての問題について、常に明言することで、自分がより効果的な主唱者になるとは思いません。私が持つ影響力のほとんどは、多くの人々が実際に知ることはないでしょう」と語った。

 ヨハンソンは現地時間の6日、ニューヨーク市内で開かれた「ウィメン・イン・ザ・ワールド・サミット」でのインタビューで、イヴァンカさんのこの発言について、「本当に不可解な発言です。公の主唱者として仕事をするなら、公の場でハッキリと主唱しなくてはならないはず。なんて古臭い考え方なんでしょう?パワフルな女性は時々、世間に悪い女と思われることを心配するけど、そんなのクソくらえだわ!彼女の考え方は古臭くて、退屈で、非常に臆病です」と批判した。

 さらに、ニューヨーク育ちのヨハンソンは過去に何度かイヴァンカさんと会ったことがあることや、共通の友人もいることを明かし、「彼女は非常に発言力のある、知的で賢い女性。なのに、今回の発言は不可解です」と語った。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11584748c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

彼の作品とパーレンの絵は時々混同されている

へンドリック・ファン・ノくーレンは1575年頃に、アントウェルペンに生まれたと推潟されるが、恐らく―2歳年下のルーべンスと同様にランダム・フアン・ノールトの工房で修貧したと思われる。


7ン・パーレンは独立営業の親方の資格を獲得した1592から1602年の間に、多分ィタリアに滞在していたらしく、ヴェネツィアで、ドイッ出身の画家ハンス・ロプテンハンマーと知り合いになった。彼の作品とパーレンの絵は時々混同されている。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11567789c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

手紙を読む青衣の女

前面の広がりを強調した室内描写も、観者と主人公たちを心理的に引き離す効果を与えている。さて、1660年代前半の女性単身像の作.uisに目を移そう。すでに《窓辺で手紙を読む女》に見られた女性単一像が、この時期に洗練された形で再び登場する。


《手紙を読む青衣の女》(fig.7)では、ブルーの上衣をつけた女性が、柔らかな日差しの中で一心に手紙を読ん交}る。ここでは・く窓辺で手紙を読む女)に見られた女性の自己閉塞的ともいえるようなやや硬質な時問は、簡素な室内構成や抑えられた色彩。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11549046c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 6 8626
コメント 0 8
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト