美恵子のブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://chiba.areablog.jp/mieko

心身ともに成長できるサポートをスタッフと二人三脚で実現します!

 まず知ってほしいのが美容機器は今、驚くべき進化嘘けていて、あなたの想像をはるかに超えるものになっていること。美容機器をひと言て言うならば、あくまてその場てなリたいキレイを実現するもの。それも、自分の手てはてきないこと、化粧品でもてきないエイジングケアを、その日その日、夜の10分で実現してしまうのてす。


 痩せて美しいボディを作り、維持することはもちろん、心身ともに成長できるサポートをスタッフと二人三脚で実現します!ひょっとしたらあなたは、美容機器というものを娯解しているのかもしれません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11778007c.html
日記 トラックバック( 0)

ハリウッドスター

 モデルとして活躍した60年代から現代までのコディントンを、ジェスキエールは59のルックで再現した。

 コディントン本人がショーを見守る中、米ドラマ「ビューティフル・マインド」にも出演する女優のジェニファー・コネリー(Jennifer Connelly)はコディントンの自叙伝「グレース」を朗読。それに合わせモデルたちは、サンポール・ド・ヴァンス(Saint Paul de Vence)にある庭園で、アート作品の周りを闊歩(かっぽ)した。

 女優エマ・ストーン(Emma Stone)、イザベル・ユペール(Isabelle Huppert)、レア・セドゥ(Lea Seydoux)らもフロントローに駆け付け、コディントンの定番であるショートスカートにプリンス・オブ・ウェールズ・チェックのジャケットを合わせたスタイルや、ドットやストライプ、フラワーモチーフを多く取り入れたコレクションを見届けた。

 このクルーズコレクションに合わせたアクセサリー数点のデザインをコディントンが担当。彼女の犬や猫のイラストが、「ルイ・ヴィトン」の有名なモノグラムと融合した。

 バルテュス(Balthus)、ボナール(Pierre Bonnard)カルダー(Alexander Calder)、シャガール(Marc Chagall)、ジャコメッティ(Alberto Giacometti)、レジェ(Fernand Leger)などの作品を所蔵するマーグ財団美術館の展示作品からもインスピレーションを得たとジェスキエールは明かした。

「この場所へもオマージュを捧げたかった。私にとってここは美術財団の起源。(芸術を愛したマルグリットとエメ・マーグ姉妹)家族と(その家族が愛した)芸術家、建築物の間のラブストーリーなのです」 


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11769475c.html
日記 トラックバック( 0)

『名所江戸百景 大はしあたけの夕立』を模写したのであろうと推測されている

 上空から降る雨を複数の長い斜線によって描写する錦絵独特の手法は、西洋の一般的な雨の表現とは全く異質なものであるが、豪雨の激しい躍動感や落ちる水滴の瞬間の速度の印象度は非常に高いものであり、ゴッホも(西洋式表現と比較し)この極めて個性的で独自性豊かな表現に惹かれたが故、『名所江戸百景 大はしあたけの夕立』を模写したのであろうと推測されている。

 さらに原図の簡素ながら大胆な構図によって描写される手前の大橋や、斜めに傾く水平線の妙にも惹かれたことであろう。なお原図には認められない周囲の漢字による装飾は、『梅の花』同様、日本趣味的表現の強調として描き込まれたと推測されている。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11725116c.html
日記 トラックバック( 0)

意味深げな表情を浮かべるタヒチ人の聖母マリア

  振り返りながら観る者と視線を交わす神の子イエス。1891年4月から1893年の6月まで都市パペエテを中心とした南国タヒチに滞在した時期(第一次タヒチ滞在期)に制作された本作は、タヒチを形成する小さな島のひとつにある村≪マタイエア≫の人々を描いた作品である。

  意味深げな表情を浮かべるタヒチ人の聖母マリア。本作の出来栄えは、画家自身も満足しており、友人ダニエル・ド・モンフレーに宛てた手紙の中でも「僕はこの作品の出来には大いに満足しているよ。」と記している。

  現地の人々に聖母と神の子の降臨を伝える天使。画面中景の左側には黄色の翼の天使が、二人のタヒチの女(現地人)に対して聖母と神の子の存在(降臨)を指し示しており、画面中景の中央に描かれる二人のタヒチの女が胸の前で両手を合わせて聖母と神の子に信仰の証を示している。

  濃紫色によって描かれた小道。画面左下に描かれるバナナの前には『IA ORANA MARI』と記されており、『IA ORANA』は現地では挨拶の時に用いる言葉で、画家の自伝的著書『ノア・ノア』にも登場させるなど、当時の画家が大変興味を示した言葉のひとつである。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11717382c.html
日記 トラックバック( 0)

外国人労働者に依存する日本

高齢化が深刻な日本では、外国人労働者に希望の光が託されるようになってきた。シンガポール華字紙・聯合早報が5日に伝えたところによると、労働力不足が日に日に深刻化する中、日本では外国人労働者への依存度が上昇し、ここ4年の間に人数が大幅に増加した。北京商報が伝えた。

建築や警備などの産業は日本人を雇うことが難しいため、外国人労働者の採用が増えている。日本では女性と高齢の労働者が急速に増加してはいるが、限界を迎える日がいずれやって来る。そこで労働の最前線を外国人に託すという状況が日に日に進行している。厚生労働省が1月末に発表した最新の統計データも、2017年10月末現在、日本にいる外国人労働者が128万人に達したこと、過去5年にわたり増加傾向が続いていることを伝えた。

実際、日本ではあらゆる産業で外国人労働者の割合が緩やかに増加している。統計をみると、日本の労働者全体に占める外国人の割合は12年の1.1%から、現在は1.7%に増えている。

外国人労働者の急増の背景には、高齢化の厳しい状況がある。高齢化は世界中が直面する問題だが、日本は高齢化プロセスで先頭を切って走っている。日本の人口は17年に40万3000人減少し、現在の勢いが続けば2115年には1億2650万人減って5100万人になることが予想される。同省の資料でも、25年に高齢者は3500万人に増え、後期高齢者も2179万人になると予想する。

外国人労働者が急増することで日本経済をある程度活性化することは確かだ。フランスのBNPパリバ証券の河野龍太郎・経済調査本部長は、「外国人労働者が毎年10万人のペースで増えると、経済のパイが徐々に拡大し、日本の国内総生産(GDP)を毎年0.07%引き上げることができる。これが30年続けば、GDPは1%増加する。外国人労働者は日本の労働力不足を補う存在でもあり、現在の各方面の予測では、20年までに高齢者と女性の労働市場参入はピークを迎えるという」と述べた。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://chiba.areablog.jp/blog/1000108645/p11708440c.html
日記 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ

前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<